転職に有利な資格に合格しておくといいよね?

転職に有利な資格の合格しておくと、いざという時にも便利ですね。そのような資格の例をあげると、TOEICがあります。
TOEICとは、自分の英語力を証明する資格のことを指しています。
グローバル化が進行している現在においては、一定の英語能力を有する人材を望む会社が増えてきました。どんな業界でも英語に関する能力の高い人材を求めているので、転職するに際してとても有利な資格だといえます。労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性重視の仕事を希望しています」、仕事にやりがいがなく辞めた場合は「新しい環境でさらに成長を希望しています」と変えると悪い印象を与えません。
ネガティブな転職理由も言い方を変えれば、ポジティブに受け取られますからね!
履歴書に書くときには、150文字から200文字程度が望ましいでしょう。
転職するときに求められる資格は、専門職でなければ、それほど多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やはり、国家資格が強いといえます。
それに、建築とか土木系の場合には、「業務独占資格」と言われる建築士のような、該当の資格を取得していないと実際に働けないという仕事が多くあるので、狙いやすいかもしれません。無難な転職理由としては、スキルをアップさせるためという理由がもっとも無難で、また、先方に悪い印象を与えにくい理由です。
スキルアップという理由ならば、無難なだけでなく、入社後もさらなるスキルアップを目指しているという意欲的な印象を人事の方に植えつけることができます。

Contents

HOME

未分類

pagetop