資格はあったほうがいいのか?

普通、転職する際に、アドバンテージが高いとされている資格に中小企業診断士という資格があります。
中小企業診断士資格を取得すると、経営知識を有することが証明されるのでその会社にとって貴重な存在であると認めてもらうことができます。法律に関する知識が豊富な行政書士やお金の専門家であるファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。良い転職理由とは、第一に、本当に転職しようと決めた理由を思い出してください。
そのままの言葉で表現するのではないので、素直にノートに書いてみるといいですね!
そして、それをできるだけ良い印象になるように表現を変えてみてください。転職の理由を長く語ると正当化しているように聞こえてしまうので、簡潔に書いてみるといいですね!中小企業は色々な経営上の課題を有しているので、中小企業診断士に合格していれば、転職を行う場合にも無駄にはならないでしょう。中小企業診断士という資格は、中小企業の問題を診断して、解決したり、経営上の助言を行う専門家で、経営コンサルタントに類似した役割だと理解してください。転職の無難な理由は、スキルを向上させるためという理由が一番リスクが少なく、なおかつ、採用側にマイナスの印象を持たれづらい理由です。
理由がスキルアップであるならば、リスクが少ないだけでなく、入社後もさらなるスキルアップを目指しているというポジティブな印象を人事側に与えることが可能です。

Contents

HOME

未分類

pagetop