転職の履歴書、上手に書くには?

転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務年数など、簡単な経歴を書くだけだと、採用試験を受ける企業の人事の人にこれまでしてきた仕事をわかってもらえません。
どんな部署にいて、どのような仕事を行ってきて、どういった成果が残せたのかやスキルが身についたなどの説明を記入することで、人事担当者の目に留まりやすくなるでしょう。
大学を卒業される方が就活を開始するのは、いくら遅かったとしても大学3年の冬から始めるのが望ましいといえます。
また、既に卒業済みの人でまだ就職していない人は、早期の就職を見越して、応募しようと決めた会社が求人を募集した時からすばやく行動した方がいいです。
転職エージェントは、転職を希望する人に対して、その人が希望する条件に該当する求人情報を探してくれます。保有している求人情報が比較的多いため、自身が就きたい仕事に就ける可能性が高いです。ハローワークや求人雑誌では探せないような非公開の求人情報もありますから、より希望通りの仕事に決まるかもしれません。
長時間労働が原因で辞めた時は「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、やりがいのない仕事と思っている場合は「新しい仕事にチャレンジすることで、自分を成長させたい」という表現にすれば受ける感じは悪くはないでしょう。
転職理由が否定的なものも表現によっては、ポジティブに感じるようにすることもできます。
履歴書を書くときに注意しなければならないのは、理想は150文字から200文字程度です。

Contents

HOME

未分類

pagetop